市場ニュース

戻る

【決算】三菱自、非開示だった今期最終は赤字拡大、未定だった配当は無配転落

三菱自 【日足】
多機能チャートへ
三菱自 【日中足】
 三菱自動車工業 <7211> が7月27日大引け後(15:45)に決算を発表。21年3月期第1四半期(4-6月)の連結最終損益は1761億円の赤字(前年同期は93.1億円の黒字)に転落した。
 併せて、非開示だった通期の業績予想は連結最終損益が3600億円の赤字(前期は257億円の赤字)に赤字幅が拡大する見通しを示した。

 業績悪化に伴い、従来未定としていた今期の上期配当を見送るとし、従来未定としていた下期配当も見送る方針とした。年間配当は8期ぶりに無配転落(前期は10円)となる。

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の0.7%→-23.2%に急悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 各国の経済活動は、順次再開されておりますが、感染終息が見通せない中で、いずれも段階的な再開に留まっており、正常化に向かう道筋は不透明な状況です。 そういった環境下において当社は、第一四半期をボトムに、下期に向けて徐々に自動車販売の回復が確認され、 2020 年度末には、 2019 年度末程度まで自動車需要が戻ってくるといった前提のもと、 2020 年度の業»続く

日経平均