市場ニュース

戻る

【決算】住友精化、今期経常を34%上方修正

住友精化 【日足】
多機能チャートへ
住友精化 【日中足】
 住友精化 <4008> が3月27日大引け後(15:00)に業績修正を発表。20年3月期の連結経常利益を従来予想の50億円→67億円(前期は86.3億円)に34.0%上方修正し、減益率が42.1%減→22.4%減に縮小する見通しとなった。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の23.3億円→40.3億円(前年同期は39.9億円)に72.7%増額し、一転して1.0%増益計算になる。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  人民元レートが想定より高く推移したことや原料価格の下落などにより吸水性樹脂事業の利益の増加が見込まれることに加え、年明けからの半導体市況の回復によるエレクトロニクスガスの需要の増加により、ガス・エンジニアリング事業の利益の増加も見込まれます。 このような状況を踏まえ、11月6日に公表した営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益の予想を上方修正い»続く

日経平均