市場ニュース

戻る

【決算】ライオン、今期最終を29%上方修正・2期ぶり最高益更新へ

ライオン 【日足】
多機能チャートへ
ライオン 【日中足】
 ライオン <4912> が2月28日大引け後(15:00)に業績修正(国際会計基準=IFRS)を発表。20年12月期の連結最終利益を従来予想の210億円→270億円(前期は205億円)に28.6%上方修正し、増益率が2.1%増→31.3%増に拡大し、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。
 同時に、1-6月期(上期)の連結最終利益も従来予想の90億円→150億円(前年同期は86.8億円)に66.7%上方修正し、増益率が3.6%増→72.6%増に拡大し、2期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなった。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 (1)第2四半期累計期間 本日開催の取締役会において、2020年2月28日付で当社本社として利用の土地(東京都墨田区本所一丁目3番7号)を譲渡することを決議いたしました。これに伴い譲渡益が発生することなどから、営業利益および親会社の所有者に帰属する四半期利益において、前回の予想を上回る見込みです。売上高および事業利益*については、前回の予想から変更はござい»続く

日経平均