市場ニュース

戻る

【決算】プロレド、今期経常を35%上方修正・最高益予想を上乗せ

プロレド 【日足】
多機能チャートへ
プロレド 【日中足】
 プロレド・パートナーズ <7034> [東証M] が9月12日大引け後(19:30)に決算を発表。19年10月期第3四半期累計(18年11月-19年7月)の経常利益(非連結)は前年同期比29.2%増の8.2億円に伸びた。
 併せて、通期の同利益を従来予想の7.4億円→10億円(前期は5.9億円)に34.8%上方修正し、増益率が25.5%増→69.2%増に拡大し、従来の3期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した5-10月期(下期)の経常利益も従来予想の1.4億円→4億円(前年同期は2億円)に2.8倍増額し、一転して2.0倍増益計算になる。

 直近3ヵ月の実績である5-7月期(3Q)の経常利益は前年同期比7.6%減の2.3億円に減り、売上営業利益率は前年同期の45.2%→37.5%に低下した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  売上高については、顧客紹介及びインバウンドによる案件数の増加、並びに想定よりもコストマネジメントの削減額が向上したことにより、前回予想より318百万円増の2,623百万円となる見込みです。 営業利益については、売上高の増加に対し、売上原価並びに販売費及び一般管理費において、コストマネジメントを中心とした既存サービス及びBPR・マーケティング・営業戦略を中»続く

日経平均