市場ニュース

戻る

【決算】サムコ、前期経常を43%下方修正

サムコ 【日足】
多機能チャートへ
サムコ 【日中足】
 サムコ <6387> が8月20日大引け後(15:30)に業績修正を発表。19年7月期の経常利益(非連結)を従来予想の5億3000万円→3億円(前の期は6億4200万円)に43.4%下方修正し、減益率が17.4%減→53.3%減に拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した2-7月期(下期)の経常利益も従来予想の2億6800万円→3800万円(前年同期は5億7000万円)に85.8%減額し、減益率が53.0%減→93.3%減に拡大する計算になる。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  当期は、スマートフォン市場の需要低迷及び米中貿易摩擦の影響による中国経済の減速を背景に、当社の主要取引先である電子部品メーカーの設備投資意欲が低下したことにより、当社の半導体電子部品製造装置の受注も伸び悩みの状況が続きました。また、中国向けの大口案件の出荷を顧客都合により次期に延期せざるを得なくなった結果、令和元年7月期通期の売上高、利益共に前回発表値を»続く

日経平均