市場ニュース

戻る

【決算】大同信、前期経常を31%上方修正・3期ぶり最高益更新へ

大同信 【日足】
多機能チャートへ
大同信 【日中足】
 大同信号 <6743> [東証2] が5月10日大引け後(15:00)に業績修正を発表。19年3月期の連結経常利益を従来予想の19.5億円→25.5億円(前の期は16.3億円)に30.8%上方修正し、増益率が19.1%増→55.8%増に拡大し、3期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の13.3億円→19.3億円(前年同期は15.6億円)に45.0%増額し、一転して23.4%増益計算になる。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 1.修正の理由 (1)連結業績 売上高につきましては、期を通してフィールド製品が好調に推移するとともに、期末にシステム製品が伸長し、前回発表予想を上回る見込となりました。損益につきましては、売上高の増加に加えて、グループ各社の生産管理体制の見直しや品質管理体制の強化等に努めた結果、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益ともに予想を上回る見込と»続く

日経平均