市場ニュース

戻る

【決算】ユーザベース、前期経常を43%上方修正

ユーザベース 【日足】
多機能チャートへ
ユーザベース 【日中足】
 ユーザベース <3966> [東証M] が1月24日大引け後(19:00)に業績修正を発表。18年12月期の連結経常利益を従来予想の3.5億円→5億円(前の期は5.1億円)に42.9%上方修正し、減益率が32.4%減→3.5%減に縮小する見通しとなった。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の連結経常利益も従来予想の1.4億円→2.9億円(前年同期は2.1億円)に2.0倍増額し、一転して37.7%増益計算になる。

 ※業績予想がレンジで開示されている場合は、レンジの中央値に基づいて記事を作成しています。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  平成30年7月31日付けで買収したQuartz Media, Inc.(以下「Quartz社」という)の業績が計画を大きく上回ったため、連結売上高、連結EBITDA、連結営業利益、連結経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益について、いずれも前回修正予想を上方修正するものであります。(注)上記の予想値は、現時点における入手可能な情報に基づいて算出しており»続く

日経平均