市場ニュース

戻る

【決算】GMOクラウ、前期経常を26%上方修正・12期ぶり最高益、配当も9.51円増額

GMOクラウ 【日足】
多機能チャートへ
GMOクラウ 【日中足】
 GMOクラウド <3788> が1月21日大引け後(15:31)に業績・配当修正を発表。18年12月期の連結経常利益を従来予想の11.6億円→14.6億円(前の期は10.8億円)に25.9%上方修正し、増益率が7.4%増→35.1%増に拡大し、12期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の連結経常利益も従来予想の4.3億円→7.3億円(前年同期は5.8億円)に70.2%増額し、一転して24.7%増益計算になる。

 業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の30.38円→39.89円(前の期は27.6円)に大幅増額修正した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 連結子会社のGMOグローバルサイン株式会社のセキュリティ事業の業績が、海外を中心に好調に推移したことや、外注費の内製化によって売上原価を抑制できたことなどにより、当期の連結業績予想数値を修正するものであります。

 当社は、株主に対する利益還元を経営の最重要課題と考え、配当性向を連結親会社株主に帰属する当期純利益の50%を目安に業績»続く

日経平均