市場ニュース

戻る

【決算】東邦鉛、上期経常を一転赤字に下方修正、通期も減額

東邦鉛 【日足】
多機能チャートへ
東邦鉛 【日中足】
 東邦亜鉛 <5707> が10月23日大引け後(15:00)に業績修正を発表。19年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常損益を従来予想の36億円の黒字→19億円の赤字(前年同期は63.5億円の黒字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。
 上期業績の悪化に伴い、通期の連結経常利益も従来予想の108億円→20億円(前期は131億円)に81.5%下方修正し、減益率が17.9%減→84.8%減に拡大する見通しとなった。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 (第2四半期累計期間)売上高は、亜鉛・鉛の金属相場が当初想定を下回ったこともあり、前回公表値を下回る見込みです。利益につきましても、金属相場が7月以降急速に下落したことから、製錬事業においては在庫評価損が計上されたこと、資源事業においても相場下落や採鉱コスト増の影響から、営業利益・経常利益・親会社株主に帰属する四半期純利益ともに前回公表値に比して大幅減益と»続く

日経平均