市場ニュース

戻る

【決算】フライト、上期最終を赤字拡大に下方修正、対純資産で29%の赤字

フライト 【日足】
多機能チャートへ
フライト 【日中足】
 フライトホールディングス <3753> [東証2] が10月18日大引け後(15:00)に業績修正を発表。19年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終損益を従来予想の1億9000万円の赤字→2億2000万円の赤字(前年同期は5700万円の黒字)に下方修正し、赤字幅が拡大する見通しとなった。赤字額は前の期末の純資産を29.1%毀損する規模となった。
 なお、通期の最終利益は従来予想の1億7000万円(前期は3800万円)を据え置いた。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  サービス事業において、多機能モバイル決済端末IncredistPremium(インクレディスト・プレミアム)の大口案件の一部が、9月納品から10月納品に変更になり、当該売上が第3四半期に計上されることとなったこと等により、当第2四半期の売上高、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益は予想を下回る見通しとなりました。 なお、通期連結業績予想に»続く

日経平均