市場ニュース

戻る

【決算】大平金、前期経常を赤字縮小に上方修正

大平金 【日足】
多機能チャートへ
大平金 【日中足】
 大平洋金属 <5541> が4月27日大引け後(15:00)に業績修正を発表。18年3月期の連結経常損益を従来予想の24.4億円の赤字→2億円の赤字(前の期は5.1億円の赤字)に上方修正し、赤字幅が縮小する見通しとなった。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常損益も従来予想の8.6億円の赤字→13.7億円の黒字(前年同期は11.1億円の黒字)に増額し、一転して黒字に浮上し、23.3%増益計算になる。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  連結業績予想について、当社フェロニッケル製品の販売価格形成の指標となる当社適用LMEニッケル価格は、前回発表予想参考値を上回る水準のため売上高は増加傾向であり、原価においては、主原料であるニッケル鉱石の価格は依然高水準ながらも比較的落ち着いた推移であり、また、たな卸資産の収益性改善による評価戻入が発生することにより、原価上昇幅は一定程度と予想されます。 »続く

日経平均