市場ニュース

戻る

【決算】ブックオフ、前期最終を一転赤字に下方修正

ブックオフ 【日足】
多機能チャートへ
ブックオフ 【日中足】
 ブックオフコーポレーション <3313> が4月27日大引け後(15:00)に業績修正を発表。18年3月期の連結最終損益を従来予想の1億円の黒字→9億円の赤字(前の期は11.5億円の赤字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。ただ、通期の連結経常利益は従来予想の9.5億円→10.5億円(前の期は5.8億円)に10.5%上方修正し、増益率が61.6%増→78.6%増に拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結最終損益も従来予想の8.1億円の黒字→1.8億円の赤字(前年同期は2.6億円の赤字)に減額し、一転して赤字計算になる。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  当社は平成30年3月期において、「リユース店舗事業の収益力強化」及び「ハグオール事業の抜本的改革」の2点を重点施策として経営戦略を進めて参りました。 その結果、リユース店舗事業において当初想定を大きく上回る収益を獲得し、連結営業利益ならびに連結経常利益は前回公表予想を上回る見通しとなりました。 一方で、ハグオール事業においては催事販売「東京古着」の撤退や»続く

日経平均