市場ニュース

戻る

【決算】石油資源、前期経常を29%下方修正

石油資源 【日足】
多機能チャートへ
石油資源 【日中足】
 石油資源開発 <1662> が4月27日大引け後(15:00)に業績修正を発表。18年3月期の連結経常利益を従来予想の54億円→38.2億円(前の期は22.2億円)に29.2%下方修正し、増益率が2.4倍→72.3%増に縮小する見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常損益も従来予想の34.8億円の赤字→50.6億円の赤字(前年同期は44.6億円の黒字)に下方修正し、赤字幅が拡大する計算になる。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 平成30年3月期の通期連結業績予想につきましては、前回発表予想(平成30年2月9日)と比較して、営業利益は、原油および天然ガスの販売価格上昇や国内天然ガスの販売数量増加等により増益となる見通しとなりました。また、経常利益および親会社株主に帰属する当期純利益は、当社の持分法適用会社である日本海洋掘削株式会社に係る持分法投資損失を営業外費用に計上すること(平成»続く

日経平均