市場ニュース

戻る

【決算】平和、前期経常を26%上方修正

平和 【日足】
多機能チャートへ
平和 【日中足】
 平和 <6412> が4月27日大引け後(15:00)に業績修正を発表。18年3月期の連結経常利益を従来予想の104億円→131億円(前の期は356億円)に26.0%上方修正し、減益率が70.8%減→63.3%減に縮小する見通しとなった。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の53.9億円→80.9億円(前年同期は128億円)に50.1%増額し、減益率が58.0%減→37.0%減に縮小する計算になる。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  遊技機事業においてパチスロ機の販売が保守的に見積もった販売台数を上回ったことやコスト圧縮等に取り組んだことにより、売上高及び各利益は前回予想を上回る見込みとなりました。 ゴルフ事業の業績につきましては、概ね計画通りに推移いたしました。 なお、配当につきましては期末配当40円の予想から変更はございません。

日経平均