市場ニュース

戻る

【決算】共同印、前期経常を28%下方修正

共同印 【日足】
多機能チャートへ
共同印 【日中足】
 共同印刷 <7914> が4月27日大引け後(15:00)に業績修正を発表。18年3月期の連結経常利益を従来予想の36億円→26億円(前の期は40.9億円)に27.8%下方修正し、減益率が12.1%減→36.5%減に拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の28.3億円→18.3億円(前年同期は22.7億円)に35.2%減額し、一転して19.4%減益計算になる。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  平成30年3月期通期連結業績につきましては、紙媒体を中心とした市場縮小の影響による出版印刷・一般商業印刷の低迷のほか、データプリント・BPOの受託量の伸び悩みをうけ、期中から挽回に向けた施策を実施いたしましたが回復に至らず、売上高は前回予想を下回る見込みとなりました。また、これら売上高の減少に伴い収益性が低下し、営業利益・経常利益・親会社株主に帰属する当»続く

日経平均