市場ニュース

戻る

【決算】海洋掘削、前期最終を赤字拡大に下方修正

海洋掘削 【日足】
多機能チャートへ
海洋掘削 【日中足】
 日本海洋掘削 <1606> が4月26日大引け後(17:00)に業績修正を発表。18年3月期の連結最終損益を従来予想の85.9億円の赤字→454億円の赤字(前の期は230億円の赤字)に下方修正し、赤字幅が拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結最終損益も従来予想の46.7億円の赤字→414億円の赤字(前年同期は193億円の赤字)に下方修正し、赤字幅が拡大する計算になる。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 上記1のとおり、特別損失等を計上する見通しとなりましたため、平成30年3月期の通期連結業績予想を修正いたします。今後回復が期待される海洋掘削市場において、当社は当該減損処理等の実施による平成31年3月期以降のコストダウンを、競争力・収益力の早期改善につなげてまいります。(3) 債務超過について   当社は、平成30年3月期末の連結貸借対照表において債務超過»続く

日経平均