市場ニュース

戻る

【決算】中村屋、前期経常を一転40%減益に下方修正

中村屋 【日足】
多機能チャートへ
中村屋 【日中足】
 中村屋 <2204> が4月26日大引け後(15:00)に業績修正を発表。18年3月期の連結経常利益を従来予想の18.5億円→9.6億円(前の期は15.8億円)に48.1%下方修正し、一転して39.6%減益見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の33.8億円→24.9億円(前年同期は27.6億円)に26.3%減額し、一転して9.7%減益計算になる。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  通期の業績予想につきましては、賃貸ビルの前期売却による賃料収入減、不採算店整理を行った減収要因に加え、上期は中元ギフトが伸び悩みました。下期になり12月まで寒い冬が続き、主力の中華まんも売上好調で、一旦は増収基調となり、通期業績予想に近づくものと思われましたが、1月以降は雪害・気候不順の影響もあり、新製品によるさらなる販路拡大をねらった中華まんの売上も伸»続く

日経平均