市場ニュース

戻る
2017年01月31日13時00分

【決算】東邦システム、今期経常を一転14%減益に下方修正

東邦システム 【日足】
多機能チャートへ
東邦システム 【日中足】
 東邦システムサイエンス <4333> が1月31日後場(13:00)に決算を発表。17年3月期第3四半期累計(4-12月)の経常利益(非連結)は前年同期比22.8%減の8.5億円に減った。
 併せて、通期の同利益を従来予想の13.5億円→11.4億円(前期は13.3億円)に15.3%下方修正し、一転して13.6%減益見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の経常利益も従来予想の7.9億円→5.9億円(前年同期は5.7億円)に25.9%減額し、増益率が38.8%増→2.8%増に縮小する計算になる。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の経常利益は前年同期比15.5%減の2.9億円に減り、売上営業利益率は前年同期の10.8%→10.0%に低下した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  通期の業績につきましては、当社の主要マーケットであります金融系分野を中心に既存プロジェクトの維持、拡大を図ってまいりましたものの、期初に計画しておりました新規大型案件の獲得が進まず、売上高は前回予想を下回る見込みとなりました。利益面につきましても、売上高の減少により営業利益、経常利益及び当期純利益とも前回予想を下回る見込みとなりました。 なお、平成29年»続く

日経平均