市場ニュース

戻る

【決算】日鋳造、今期経常を一転赤字に下方修正

日鋳造 【日足】
多機能チャートへ
日鋳造 【日中足】
 日本鋳造 <5609> [東証2] が1月20日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常損益は1億7200万円の赤字(前年同期は5700万円の黒字)に転落した。
 併せて、通期の同損益を従来予想の1億5000万円の黒字→3億5000万円の赤字(前期は2億2500万円の黒字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常損益も従来予想の2億2500万円の黒字→2億7500万円の赤字(前年同期は2億8100万円の黒字)に減額し、一転して赤字計算になる。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常損益は9700万円の赤字(前年同期は1億1300万円の黒字)に転落し、売上営業損益率は前年同期の3.7%→-4.2%に急悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 1.売上高 大型鉱山機械用の鋳鋼品及び油井管圧延用鋳鋼品をはじめとする鋳鋼・鋳鉄品全般について受注及び売上の回復が遅れており、第4四半期連結会計期間も更に売上高の減少が見込まれることから、修正いたします。2.利益 売上高の減少ならびに第3四半期連結会計期間において品質対策等の一過性の費用が発生していることに加え、第4四半期連結会計期間に長期滞留棚卸資産の評»続く

日経平均