市場ニュース

戻る
2016年11月11日15時40分

【決算】キムラタン、今期経常を一転赤字に下方修正

キムラタン 【日足】
多機能チャートへ
キムラタン 【日中足】
 キムラタン <8107> が11月11日大引け後(15:40)に決算を発表。17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常損益は2億4300万円の赤字(前年同期は1億6000万円の赤字)に赤字幅が拡大し、従来の1億3500万円の赤字予想からも赤字幅を拡大して着地。
 併せて、通期の同損益を従来予想の1500万円の黒字→2億3000万円の赤字(前期は2億6700万円の赤字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常損益は1300万円の黒字(前年同期は1億0700万円の赤字)に浮上する計算になる。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常損益は1億3200万円の赤字(前年同期は8100万円の赤字)に赤字幅が拡大し、売上営業損益率は前年同期の-8.1%→-14.8%に急悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 (1)第2四半期累計期間の業績予想値と実績値との差異の理由 主力のBaby Plazaにおいては、不順な天候により秋物の動向に遅れが生じたこと等により既存店売上高は前年同期比7.4%減と低調に推移しました。また、BOBSONショップについては、既存店売上高は前年同期比3.2%増となるものの、Baby Plazaと同様に秋物の立ち上がり時期の動きが鈍く、8月»続く

日経平均