市場ニュース

戻る
2016年11月11日15時00分

【決算】太平発、上期経常は一転34%増益で上振れ着地

太平発 【日足】
多機能チャートへ
太平発 【日中足】
 太平洋興発 <8835> が11月11日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比34.1%増の3.5億円に拡大し、従来の42.5%減益予想から一転して増益で着地。
 通期計画の5.6億円に対する進捗率は62.5%に達し、5年平均の51.9%も上回った。

 会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比44.4%減の2.1億円に落ち込む計算になる。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比41.6%増の2.4億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の3.2%→4.3%に改善した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  平成29年3月期第2四半期累計期間の売上高は、個別は輸入炭販売数量が増加したことを主因に予想数値を上回りましたが、連結は建設工事の工期が下期にずれたこと及び農業用肥料の販売が減少した等により予想数値を下回りました。 また、営業利益、経常利益、四半期純利益につきましては、個別の輸入炭販売数量が増加したこと並びに賃貸物件の修繕費が第3四半期以降にずれ込んだこ»続く

日経平均