市場ニュース

戻る
2016年11月07日11時30分

【決算】帝人、上期経常が26%減益で着地・7-9月期も31%減益

帝人 【日足】
多機能チャートへ
帝人 【日中足】
 帝人 <3401> が11月7日昼(11:30)に決算を発表。17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比25.6%減の266億円に減ったが、通期計画の530億円に対する進捗率は50.3%に達し、5年平均の45.3%も上回った。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比7.6%増の263億円に伸びる計算になる。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比31.3%減の122億円に落ち込み、売上営業利益率は前年同期の9.5%→6.3%に大幅悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 第2四半期連結累計期間の業績は 、主力製品の販売が好調に推移し、加えて原燃料価格も想定を下回ったこと等から、営業利益および経常利益について前回公表値を上回りました。また親会社株主に帰属する四半期純利益については、税効果会計の影響による税金費用の減少も加わり、前回公表値を大幅に上回ることとなりました。通期業績予想につきましては、円高の進行に伴う為替影響等を踏»続く

日経平均