市場ニュース

戻る
2016年11月04日15時00分

【決算】図書印、上期最終を一転黒字に上方修正・13期ぶり最高益、通期も増額

図書印 【日足】
多機能チャートへ
図書印 【日中足】
 図書印刷 <7913> が11月4日大引け後(15:00)に業績修正を発表。17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終損益を従来予想の2.8億円の赤字→101億円の黒字(前年同期は2.5億円の赤字)に上方修正し、一転して黒字に浮上を見込み、13期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなった。
 上期業績の好調に伴い、通期の連結最終利益も従来予想の4.7億円→109億円(前期は4.6億円)に23倍上方修正し、増益率が1.5%増→24倍に拡大し、11期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  平成29年3月期第2四半期連結累計期間の業績につきましては、売上面では、単行本、絵本、コミックなどの書籍や雑誌の売上が好調に推移し、当初計画を上回る見込みです。 損益面では、投資有価証券売却により課税所得が増加したことで、法人事業税の付加価値割が追加で発生し、販売費及び一般管理費が増加したものの、営業利益及び経常利益は当初計画を上回る見込みです。 また、»続く

日経平均