市場ニュース

戻る
2016年10月28日11時30分

【決算】富士紡HD、今期経常を18%上方修正・44期ぶり最高益更新へ

富士紡HD 【日足】
多機能チャートへ
富士紡HD 【日中足】
 富士紡ホールディングス <3104> が10月28日昼(11:30)に決算を発表。17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比2.5倍の47.6億円に急拡大し、従来予想の37.5億円を上回って着地。
 併せて、通期の同利益を従来予想の56億円→66億円(前期は37.2億円)に17.9%上方修正し、増益率が50.4%増→77.2%増に拡大し、44期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比0.5%減の18.3億円とほぼ横ばいの計算になる。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比2.3倍の24.2億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の10.5%→21.9%に急上昇した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  研磨材事業において、半導体デバイス用途(CMP)および一般工業用途の受注が予想を上回り拡大・回復したことなどにより、当第2四半期連結累計期間の当社グループの業績は予想に比べて大幅な増益となりました。この結果を踏まえ、平成28年7月29日に公表した通期の業績予想を修正しております。なお、第3四半期連結会計期間以降につきましては、概ね前回の予想通りといたして»続く

日経平均