市場ニュース

戻る
2016年09月01日15時00分

【決算】内田洋、今期経常は23%減益、前期配当を4円増額・今期も14円継続へ

内田洋 【日足】
多機能チャートへ
内田洋 【日中足】

 内田洋行 <8057> が9月1日大引け後(15:00)に決算を発表。16年7月期の連結経常利益は前の期比0.9%増の38.9億円になったが、17年7月期は前期比23.0%減の30億円に減る見通しとなった。

 同時に、前期の年間配当を10円→14円(前の期は10円)に増額し、今期も14円を継続する方針とした。

 直近3ヵ月の実績である5-7月期(4Q)の連結経常損益は1.1億円の赤字(前年同期は1億円の赤字)に赤字幅が拡大したが、売上営業損益率は前年同期の-0.7%→-0.7%とほぼ横ばいだった。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  当社は、株主への利益還元を経営の重要施策のひとつとしており、企業体質の強化による健全なる持続的成長を目指し、長期的かつ総合的な株主価値の向上を図りつつ安定的な配当を持続することを基本方針としております。このような方針のもと、当期につきましては、財務体質の強化が一層進展したことから、期末配当について1株当たり4円増配し、14円に修正することといたしました。»続く

【関連記事・情報】

日経平均