市場ニュース

戻る
2016年08月08日15時00分

【決算】高松機械、上期経常を68%下方修正、通期も減額

高松機械 【日足】
多機能チャートへ
高松機械 【日中足】

 高松機械工業 <6155> [東証2] が8月8日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は0.4億円の赤字(前年同期は3.1億円の黒字)に転落した。
 併せて、4-9月期(上期)の同利益を従来予想の6.4億円→2億円(前年同期は8.8億円)に68.0%下方修正し、減益率が27.3%減→76.7%減に拡大する見通しとなった。
 上期業績の悪化に伴い、通期の同利益を従来予想の17.5億円→13.1億円(前期は17.9億円)に25.0%下方修正し、減益率が2.3%減→26.7%減に拡大する見通しとなった。

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の6.3%→-1.6%に急悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
   第2四半期(累計)業績予想につきましては、工作機械需要が大手を中心に底堅さを維持しているものの、国内設備需要動向、海外経済動向、為替相場など、先行きが極めて不透明な状況にあることから設備投資に慎重さがみられていることで、売上高が前回発表予想を下回る見通しです。利益につきましても、売上高減少の影響で固定費を吸収しきれず、前回発表予想を下回る見通しです。 »続く

【関連記事・情報】

日経平均