市場ニュース

戻る
2016年07月29日15時00分

【決算】東競馬、上期経常は一転7%増益で上振れ着地

東競馬 【日足】
多機能チャートへ
東競馬 【日中足】

 東京都競馬 <9672> が7月29日大引け後(15:00)に決算を発表。16年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常利益は前年同期比7.3%増の17.9億円に伸び、従来の29.7%減益予想から一転して増益で着地。
 通期計画の42.2億円に対する進捗率は5年平均の21.4%を上回る42.4%に達した。

 会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した7-12月期(下期)の連結経常利益は前年同期比19.5%減の24.3億円に減る計算になる。

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比6.2%増の11.1億円に伸びたが、売上営業利益率は前年同期の24.8%→24.1%に低下した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  平成28年12月期第2四半期連結累計期間の連結業績につきましては、公営競技事業において、「在宅投票システム(SPAT4)」が引き続き好調に推移したことにより、売上高は前回予想を上回ることとなりました。 これにより、ポイントキャッシュバックによる費用がかさんだものの、第2四半期までに予定しておりました修繕費等の発生が下期に繰り越されたことを始め、水道光熱費»続く

【関連記事・情報】

日経平均