市場ニュース

戻る
2016年07月28日15時20分

【決算】愛三工、今期経常を9%下方修正、未定だった配当は8円減配

愛三工 【日足】
多機能チャートへ
愛三工 【日中足】

 愛三工業 <7283> が7月28日大引け後(15:20)に決算を発表。17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比46.9%減の13.8億円に落ち込んだ。
 併せて、通期の同利益を従来予想の76億円→69億円(前期は93.4億円)に9.2%下方修正し、減益率が18.7%減→26.2%減に拡大する見通しとなった。
 同時に、非開示だった4-9月期(上期)の業績予想は連結経常利益が前年同期比49.3%減の27億円に落ち込む見通しを示した。

 また、従来未定としていた今期の上期配当を12円(前年同期は16円)実施するとし、従来未定としていた下期配当も13円実施する方針とした。年間配当は前期比8円減の25円に減配となる。

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の5.0%→3.8%に悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  平成29年3月期 第2四半期の業績予想につきましては、熊本地震の影響などにより未定としておりましたが、現時点において入手可能な情報や予測等に基づき、公表いたします。 また、通期の業績予想につきましては、為替の影響などを勘案して、修正いたします。 なお、前提となる為替水準につきましては、平成28年7月以降1USドル=105円(期初前提1USドル=110円)»続く

【関連記事・情報】

日経平均