市場ニュース

戻る
2016年07月25日16時10分

【決算】大垣共立、上期経常を74%上方修正

大垣共立 【日足】
多機能チャートへ
大垣共立 【日中足】

 大垣共立銀行 <8361> が7月25日大引け後(16:10)に業績修正を発表。17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想の78億円→136億円(前年同期は139億円)に74.4%上方修正し、減益率が44.0%減→2.4%減に縮小する見通しとなった。
 なお、通期の経常利益は従来予想の165億円(前期は227億円)を据え置いた。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 銀行単体において、現在保有している仕組貸出債権の一部を売却し、貸出金売却益を凡そ70億円計上する見込であること等から、平成29年3月期第2四半期累計期間の連結・単体の業績予想について、前回発表予想を上方修正するものです。尚、平成29年3月期通期につきましては、今後の金融市場動向や経済情勢等により有価証券関係損益中心に見通しが難しいことから、第2四半期累計期»続く

【関連記事・情報】

日経平均