市場ニュース

戻る
2016年03月18日15時00分

【決算】卑弥呼、今期最終を赤字拡大に下方修正、配当は見送り

卑弥呼 【日足】
多機能チャートへ
卑弥呼 【日中足】

 卑弥呼 <9892> [JQ] が3月18日大引け後(15:00)に業績・配当修正を発表。16年3月期の最終損益(非連結)を従来予想の5億2000万円の赤字→7億4000万円の赤字(前期は1億3500万円の黒字)に下方修正し、赤字幅が拡大する見通しとなった。ただ、通期の営業損益は従来予想の1億円の赤字→1000万円の黒字(前期は1300万円の黒字)に上方修正し、一転して黒字に浮上する見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の最終損益も従来予想の1億0200万円の赤字→3億2200万円の赤字(前年同期は7300万円の黒字)に下方修正し、赤字幅が拡大する計算になる。

同時に、TOB成立を条件に従来10円を計画していた期末一括配当を見送る。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 営業利益については、販管費を削減したこと、平成28年3月に賃貸借が開始した不動産賃貸収入の計上により前回予想を修正いたします。経常利益及び当期純利益については、「投資有価証券売却損及び投資有価証券売却益並びに投資有価証券評価損戻入の発生に関するお知らせ」に記載のとおり、営業外費用として投資有価証券売却損904百万円及び投資有価証券評価損の戻入368百万円、»続く

【関連記事・情報】

日経平均