市場ニュース

戻る
2016年02月05日15時30分

【決算】共栄タンカー、今期経常を一転11%減益に下方修正、未定だった配当は4円実施

共栄タ 【日足】
多機能チャートへ
共栄タ 【日中足】

 共栄タ <9130> が2月5日大引け後(15:30)に決算を発表。16年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比46.2%減の5.2億円に落ち込んだ。
 併せて、通期の同利益を従来予想の11億円→9.5億円(前期は10.6億円)に13.6%下方修正し、一転して10.6%減益見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の7.5億円→6億円(前年同期は4.8億円)に19.9%減額し、増益率が55.7%増→24.7%増に縮小する計算になる。

 同時に、従来未定としていた期末一括配当は4円(前期は4円)実施する方針とした。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比54.9%減の1.7億円に大きく落ち込み、売上営業利益率は前年同期の16.3%→12.5%に低下した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
   為替相場の円安推移による売上高、船員費および修繕費の増加など第3四半期連結累計期間の実績を踏まえた修正に加え、平成27年11月13日に公表しました固定資産譲渡先変更に伴う特別利益の変動により、平成27年7月17日に公表しました予想値を修正いたしました。  なお、上記修正予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成されたものであり、実際の»続く

【関連記事・情報】

日経平均