市場ニュース

戻る
2016年02月05日13時30分

【決算】住友金属鉱山、今期経常を一転赤字に下方修正

住友鉱 【日足】
多機能チャートへ
住友鉱 【日中足】

 住友鉱 <5713> が2月5日後場(13:30)に決算を発表。16年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比98.3%減の23.5億円に大きく落ち込んだ。
 併せて、通期の同損益を従来予想の850億円の黒字→40億円の赤字(前期は1742億円の黒字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常損益も従来予想の204億円の黒字→685億円の赤字(前年同期は943億円の黒字)に減額し、一転して赤字計算になる。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常損益は622億円の赤字(前年同期は602億円の黒字)に転落し、売上営業利益率は前年同期の16.4%→4.0%に急低下した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 非鉄金属の主要な消費国である中国の景気悪化懸念などから、金属価格が前回業績予想公表時(平成27年11月10日発表)に比べ大幅に下落しており、当面は足下の厳しい状況が継続するものと見込まれます。当社としては、当第3四半期連結会計期間にシエラゴルダ鉱山社において減損損失が計上されたことによる持分法による投資損失を計上したことに加え、金属価格を見直しました結果、»続く

【関連記事・情報】

日経平均