市場ニュース

戻る
2016年02月03日16時15分

【決算】パナソニック、今期税引き前を7%下方修正

パナソニック 【日足】
多機能チャートへ
パナソニック 【日中足】

 パナソニック <6752> が2月3日大引け後(16:15)に決算(米国会計基準)を発表。16年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結税引き前利益は前年同期比22.3%増の2544億円に伸びた。
 しかしながら、併せて通期の同利益を従来予想の3000億円→2800億円(前期は1824億円)に6.7%下方修正し、増益率が64.4%増→53.5%増に縮小する見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結税引き前利益も従来予想の1358億円→1158億円(前年同期は605億円)に14.7%減額し、増益率が2.2倍→91.3%増に縮小する計算になる。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結税引き前利益は前年同期比4.9%増の903億円に伸び、売上営業利益率は前年同期の5.7%→6.3%に改善した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  中国をはじめとする新興国の景気減速等の影響により、経営環境は悪化しております。当社の販売は、中国におけるエアコン事業およびデバイス事業、ICT向け二次電池事業、ならびに太陽光発電システム事業を含む国内住宅関連事業等において減少しているため、売上高の連結通期業績予想を、下方修正いたします。 また、営業利益および税引前利益についても、当該販売減少に伴う利益減»続く

【関連記事・情報】

日経平均