市場ニュース

戻る
2016年02月03日15時00分

【決算】東京鋼鐵、今期経常を21%上方修正

東京鋼鉄 【日足】
多機能チャートへ
東京鋼鉄 【日中足】

 東京鋼鉄 <5448> [JQ] が2月3日大引け後(15:00)に決算を発表。16年3月期第3四半期累計(4-12月)の経常利益(非連結)は前年同期比1.2%増の11.9億円となった。
 併せて、通期の同利益を従来予想の12億円→14.5億円(前期は16.3億円)に20.8%上方修正し、減益率が26.8%減→11.5%減に縮小する見通しとなった。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の経常利益も従来予想の3.5億円→6億円(前年同期は9.2億円)に70.2%増額し、減益率が61.4%減→34.3%減に縮小する計算になる。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の経常利益は前年同期比24.1%減の3.5億円に減り、売上営業利益率は前年同期の10.3%→10.0%に低下した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  原材料である鉄スクラップ価格が大幅に下落したことにより、製品価格の先安感から鋼材需要は低調に推移し、売上高は減収見込みとなるものの、適切な売買価格差の確保に注力した結果、営業利益、経常利益、当期純利益は増益となる見通しとなりました。 よって、平成28年3月期通期業績予想を修正致します。

【関連記事・情報】

日経平均