市場ニュース

戻る
2016年01月29日14時30分

【決算】三井製糖、今期経常を14%上方修正・最高益予想を上乗せ

三井糖 【日足】
多機能チャートへ
三井糖 【日中足】

 三井糖 <2109> が1月29日後場(14:30)に決算を発表。16年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比40.6%増の103億円に拡大した。
 併せて、通期の同利益を従来予想の105億円→120億円(前期は95.1億円)に14.3%上方修正し、増益率が10.3%増→26.1%増に拡大し、従来の3期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の42.4億円→57.4億円(前年同期は52.7億円)に35.3%増額し、一転して9.0%増益計算になる。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比31.4%増の41.2億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の5.8%→8.0%に改善した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 砂糖事業における期初からの順調な操業による工程の負荷軽減やガス調達コストの低下などにより、製造変動費が減少したことを主な要因として営業利益は増益見込みとなり、また、営業外損益における受取ロイヤリティーの増加や持分法適用会社の業績向上などから経常利益も増益が見込まれるため、当初の業績予想(平成27年5月12日公表)を修正しております。

【関連記事・情報】

日経平均