市場ニュース

戻る
2016年01月27日15時00分

【決算】日本高純度化学、今期経常を一転6%減益に下方修正

日本高純度 【日足】
多機能チャートへ
日本高純度 【日中足】

 日本高純度 <4973> が1月27日大引け後(15:00)に決算を発表。16年3月期第3四半期累計(4-12月)の経常利益(非連結)は前年同期比11.7%減の8.6億円に減った。
 併せて、通期の同利益を従来予想の13.5億円→11億円(前期は11.7億円)に18.5%下方修正し、一転して6.5%減益見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の経常利益も従来予想の7.8億円→5.3億円(前年同期は5.4億円)に31.8%減額し、一転して1.8%減益計算になる。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の経常利益は前年同期比13.9%減の2.9億円に減り、売上営業利益率は前年同期の13.2%→12.3%に低下した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 中国の景気減速の影響をうけ、電子部品業界の受注が鈍化しております。その影響もあり、これまで好調であった当社のスマートフォン向け薬品についても、今後需要の低下が見込まれます。また、貴金属価格の下落により売上高も当初計画を下回る見込みとなりました。これらを踏まえ、上記のとおり通期業績予想を修正いたします。(注)上記の予想は本資料の発表日現在において入手可能な情»続く

【関連記事・情報】

日経平均