市場ニュース

戻る
2016年01月08日15時10分

【決算】エコートレーディング、今期経常を一転赤字に下方修正

エコーTD 【日足】
多機能チャートへ
エコーTD 【日中足】

 エコーTD <7427> が1月8日大引け後(15:10)に決算を発表。16年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常損益は2億2100万円の赤字(前年同期は5500万円の赤字)に赤字幅が拡大した。
 併せて、通期の同損益を従来予想の1億3600万円の黒字→1億1500万円の赤字(前期は7000万円の黒字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。ただ、通期の連結最終利益は従来予想の6800万円→2億9300万円(前期は9300万円)に4.3倍上方修正し、一転して3.2倍増益見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した9-2月期(下期)の連結経常損益も従来予想の1億7000万円の黒字→8100万円の赤字(前年同期は1000万円の黒字)に減額し、一転して赤字計算になる。

 直近3ヵ月の実績である9-11月期(3Q)の連結経常損益は1億8700万円の赤字(前年同期は1億1500万円の赤字)に赤字幅が拡大し、売上営業損益率は前年同期の-0.6%→-1.0%に悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  当第3四半期連結累計期間につきましては、ペット市場の成長率鈍化(飼育頭数の伸び悩みや飼育生体の小型化)が続く中で、当社グループでは当社の創業50周年に当たる2020年に向けて『I2☆50 お客様満足度NO.1-スピード・成長・拡大』を基本方針とした新中長期経営計画を策定し行動しております。また、平成26年に引き続き、平成27年6月29日から30日にかけて»続く

【関連記事・情報】

日経平均