市場ニュース

戻る
2015年12月28日15時00分

【決算】トライステージ、3-11月期(3Q累計)経常は26%増益・通期計画を超過、今期配当を6円増額修正

トライSTG 【日足】
多機能チャートへ
トライSTG 【日中足】

 トライSTG <2178> [東証M] が12月28日大引け後(15:00)に決算を発表。16年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益は前年同期比25.7%増の7億6700万円に伸び、通期計画の7億6400万円に対する進捗率が100.4%とすでに上回り、さらに5年平均の73.4%も超えた。

 会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した12-2月期(4Q)の連結経常損益は300万円の赤字(前年同期は3億2100万円の黒字)に転落する計算になる。

 同時に、期末一括配当を従来計画の54円→60円(前期は71円)に増額修正した。

 直近3ヵ月の実績である9-11月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比2.5%増の2億0400万円となったが、売上営業利益率は前年同期の2.5%→2.2%とほぼ横ばいだった。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  当社は、株主の皆様への利益還元を重要な経営課題のひとつとして認識しており、平成27年4月21日付「トライステージグループ中期経営計画」において公表したとおり、配当方針については、業績、投資状況、財務状況を総合的に勘案した上で柔軟に対応することとし、現状で十分な内部留保を確保していることを考慮して、 本計画期間中は配当性向100%を目指すこととしております»続く

【関連記事・情報】

日経平均