市場ニュース

戻る
2015年12月15日14時00分

【決算】曙ブレーキ工業、今期経常を一転赤字に下方修正

ブレーキ 【日足】
多機能チャートへ
ブレーキ 【日中足】

 ブレーキ <7238> が12月15日後場(14:00)に決算を発表。16年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常損益は14.2億円の赤字(前年同期は34.6億円の黒字)に転落し、従来の5億円の黒字予想から一転赤字で着地。
 併せて、通期の同損益を従来予想の48億円の黒字→60億円の赤字(前期は28.3億円の黒字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常損益は45.7億円の赤字(前年同期は6.2億円の赤字)に赤字幅が拡大する計算になる。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常損益は11.1億円の赤字(前年同期は24.5億円の黒字)に転落し、売上営業損益率は前年同期の4.0%→-0.6%に大幅悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 (1)平成28年3月期第2四半期連結累計期間の業績予想と実績値との差異(連結売上高および営業利益)連結売上高はほぼ期初計画どおりの実績となりましたが、営業利益については、一部収束に向かっているものの米国事業における昨年下期以降の生産混乱が長引き、ケンタッキー州のエリザベスタウン工場(以下、ABE)以外の生産拠点でも労務費や多額の緊急輸送費などの追加費用が発»続く

【関連記事・情報】

日経平均