市場ニュース

戻る
2015年11月12日14時00分

【決算】東映、今期経常を25%上方修正・3期ぶり最高益更新へ

東映 【日足】
多機能チャートへ
東映 【日中足】

 東映 <9605> が11月12日後場(14:00)に業績修正を発表。16年3月期の連結経常利益を従来予想の132億円→165億円(前期は131億円)に25.0%上方修正し、増益率が0.3%増→25.4%増に拡大し、3期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。
 同時に、4-9月期(上期)の連結経常利益も従来予想の85億円→113億円(前年同期は71.5億円)に32.9%上方修正し、増益率が18.8%増→57.9%増に拡大し、従来の2期ぶりの上期の過去最高益予想をさらに上乗せした。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  第2四半期累計期間につきましては、国内外で、アニメ作品のゲームや関連商品が好調に稼働したことに加え、映像配信権許諾が好調に推移したことから、前回発表予想より増収増益となり、利益につきましては、各利益ともに過去最高となる見込みです。 通期につきましては、第2四半期累計期間の業績予想数値と今後の映画事業の不透明さを鑑み、上記の予想となる見込みです。 なお、上»続く

【関連記事・情報】

日経平均