市場ニュース

戻る
2015年11月09日14時00分

【決算】川金ホールディングス、今期経常を一転72%減益に下方修正

川金HD 【日足】
多機能チャートへ
川金HD 【日中足】

 川金HD <5614> [東証2] が11月9日後場(14:00)に決算を発表。16年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比83.5%減の0.1億円に大きく落ち込み、従来の5.2倍増益予想から一転して減益で着地。
 併せて、通期の同利益を従来予想の20億円→5.5億円(前期は19.8億円)に72.5%下方修正し、一転して72.3%減益見通しとなった。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比71.7%減の5.3億円に大きく落ち込む見通しとなった。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常損益は2.1億円の赤字(前年同期は2.6億円の黒字)に転落し、売上営業利益率は前年同期の3.2%→0.3%に悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  第2四半期累計期間の業績につきましては、素形材事業部門で自動車部品関連向け精密鋳造品の受注がユーザーの在庫調整により大幅減となりました。土木建築機材部門におきましても、工期延長により売上計上時期が下半期以降に伸びる物件がありました。これらの結果、生産も計画を下回り、収益率も悪化いたしました。  下半期につきましても、上半期の状況に加えて、中国経済減速の影»続く

【関連記事・情報】

日経平均