市場ニュース

戻る
2015年11月04日14時00分

【決算】東京會舘、今期最終を一転して損益トントンに上方修正

会舘 【日足】
多機能チャートへ
会舘 【日中足】

 会舘 <9701> [東証2] が11月4日後場(14:00)に決算を発表。16年3月期第2四半期累計(4-9月)の最終損益(非連結)は6億6200万円の赤字(前年同期は5100万円の赤字)に赤字幅が拡大した。
 しかしながら、併せて通期の同損益を従来予想の2億円の赤字→トントン(前期は1億0300万円の黒字)に上方修正した。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の最終利益は前年同期比4.3倍の6億6200万円に急拡大する見通しとなった。

 同時に、期末一括配当は引き続き未定とした。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の最終損益は4億1500万円の赤字(前年同期は2億円の赤字)に赤字幅が拡大し、売上営業損益率は前年同期の-12.4%→-31.1%に急悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  本年2月より休館となった本舘の営業マンを各営業所へ配置し、積極的に本舘顧客を各営業所へ誘致したことなどにより第2四半期累計期間の業績が前回公表値を上回ることとなったこと、および今後の状況を鑑み、上記のとおり修正いたします。※業績予想につきましては、現時点で入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は今後様々な要因によって本資料の予想数値と異なる»続く

日経平均