市場ニュース

戻る
2015年10月30日15時15分

【決算】JVCケンウッド、今期経常を一転69%減益に下方修正

JVCケンウ 【日足】
多機能チャートへ
JVCケンウ 【日中足】

 JVCケンウ <6632> が10月30日大引け後(15:15)に決算を発表。16年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常損益は30.9億円の赤字(前年同期は4.3億円の赤字)に赤字幅が拡大した。
 併せて、通期の同利益を従来予想の45億円→10億円(前期は31.7億円)に77.8%下方修正し、一転して68.5%減益見通しとなった。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比13.4%増の40.9億円に伸びる見通しとなった。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常損益は14.8億円の赤字(前年同期は3.9億円の赤字)に赤字幅が拡大し、売上営業利益率は前年同期の1.1%→0.1%に悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  当第2四半期累計期間は、オートモーティブ分野が用品(ディーラーオプション)事業や純正事業において、計画を上回る新規受注獲得などによる期初計画外の先行開発費の増加に加え、国内の軽自動車市況低迷継続の影響を受け、またパブリックサービス分野が無線事業の減収の影響を受けました。 当第3四半期以降は、前述のオートモーティブ分野における先行開発費増や、各地域における»続く

日経平均