市場ニュース

戻る
2015年10月28日15時00分

【決算】スタンレー電気、今期経常を一転1%減益に下方修正

スタンレー 【日足】
多機能チャートへ
スタンレー 【日中足】

 スタンレー <6923> が10月28日大引け後(15:00)に決算を発表。16年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比21.5%減の153億円に減り、従来の1.3%増益予想から一転して減益で着地。
 併せて、通期の同利益を従来予想の460億円→401億円(前期は406億円)に12.8%下方修正し、一転して1.3%減益見通しとなった。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比17.5%増の247億円に伸びる見通しとなった。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比47.8%減の53億円に落ち込み、売上営業利益率は前年同期の10.7%→6.4%に大幅低下した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  売上高は、第2四半期連結累計期間に為替影響、及び米州において金型の収益認識の会計処理を統一したことにより増収となったことで、通期で増加する見込みです。損益につきましては、自動車機器事業において引き続き中国の売上が減少することによる利益減少、第2四半期連結累計期間における、灯具のLED化やデザインの多様化の流れに対する費用増加、全社をあげた品質改革に伴う費»続く

【関連記事・情報】

日経平均