市場ニュース

戻る
2015年10月16日15時30分

【決算】電通国際情報サービス、上期経常を86%上方修正・14期ぶり最高益更新へ

ISID 【日足】
多機能チャートへ
ISID 【日中足】

 ISID <4812> が10月16日大引け後(15:30)に業績修正を発表。15年12月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想の11億円→20.5億円(前年同期は9.8億円)に85.7%上方修正し、増益率が12.8%増→2.1倍に拡大し、14期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなった。
 なお、通期の経常利益は従来予想の13.7億円を据え置いた。

 ※15年12月期(9ヵ月決算)が決算期変更のため、前年同期に同じ期間がない場合は前年同期との比較を表記していません。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 売上高は、金融ソリューション、ビジネスソリューションを中心に予想を上回る見通しとなりました。 利益面でも、一部不採算案件の影響はあるものの、増収効果に加え、コンサルティングサービスを中心とした売上総利益率の改善、ならびに販売費及び一般管理費の計画比抑制により、営業利益、経常利益、 親会社株主に帰属する四半期純利益が前回予想を上回る見通しです。なお、売上高、»続く

日経平均