市場ニュース

戻る
2015年10月15日15時15分

【決算】藤井産業、上期経常を一転3%増益に上方修正・最高益、通期も増額、配当も7円増額

藤井産業 【日足】
多機能チャートへ
藤井産業 【日中足】

 藤井産業 <9906> [JQ] が10月15日大引け後(15:15)に業績・配当修正を発表。16年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想の12億円→16.5億円(前年同期は16億円)に37.5%上方修正し、一転して3.0%増益を見込み、3期連続で上期の過去最高益を更新する見通しとなった。
 上期業績の好調に伴い、通期の連結経常利益も従来予想の28億円→34億円(前期は36.3億円)に21.4%上方修正し、減益率が22.9%減→6.4%減に縮小する見通しとなった。

 同時に、今期の年間配当を従来計画の40円→47円(前期は50円)に増額修正した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  平成28年3月期第2四半期(累計)の売上高は、電設資材で太陽光関連商材の落ち込み幅が当初の予想に反し小幅に留まり、件名受注も好調に推移し、電設資材関連の売上が伸長したこと、産業システム部門では設備システムが好調に推移したこと、施工部門の建設資材工事及び総合建設工事が前期を上回ったことから前回予想を上回る見通しとなりました。   平成28年3月期通期の売上»続く

日経平均