市場ニュース

戻る
2015年10月02日15時00分

【決算】津田駒工業、今期経常を一転赤字に下方修正、未定だった配当は無配継続

津田駒 【日足】
多機能チャートへ
津田駒 【日中足】

 津田駒 <6217> が10月2日大引け後(15:00)に決算を発表。15年11月期第3四半期累計(14年12月-15年8月)の連結経常損益は3億9000万円の赤字(前年同期は10億5900万円の赤字)に赤字幅が縮小した。
 しかしながら、併せて通期の同損益を従来予想の2億5000万円の黒字→2億5000万円の赤字(前期は11億6100万円の赤字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した6-11月期(下期)の連結経常損益も従来予想の5億6100万円の黒字→6100万円の黒字(前年同期は5億8500万円の赤字)に89.1%減額した。

 業績悪化に伴い、従来未定としていた期末一括配当を見送る(前期は無配)とし、無配継続する方針とした。

 直近3ヵ月の実績である6-8月期(3Q)の連結経常損益は7900万円の赤字(前年同期は4億8300万円の赤字)に赤字幅が縮小し、売上営業損益率は前年同期の-6.5%→-0.6%に急改善した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 (連結) 市場の回復基調の中で受注・売上ともに前年同期比増加し、コストダウンや価格改善などの効果から収益性も改善しておりますものの、将来を見越した新製品等の開発費用の負担や、第3四半期に入り中国経済の減速等、急激な環境変化の影響を受けておりますことから、通期では第1四半期の落ち込みをカバーするには至らず、誠に遺憾ながら当初計画を下回る予想となりました。 こ»続く

【関連記事・情報】

日経平均