市場ニュース

戻る
2015年08月25日15時00分

【決算】内田洋行、前期経常を24%上方修正

内田洋 【日足】
多機能チャートへ
内田洋 【日中足】

 内田洋 <8057> が8月25日大引け後(15:00)に業績修正を発表。15年7月期の連結経常利益を従来予想の31億円→38.5億円(前の期は29.6億円)に24.2%上方修正し、増益率が4.7%増→30.0%増に拡大する見通しとなった。ただ、通期の連結最終利益は従来予想の7億円→3億円(前の期は15.1億円)に57.1%下方修正し、減益率が53.7%減→80.2%減に拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した2-7月期(下期)の連結経常利益も従来予想の23.3億円→30.8億円(前年同期は26.2億円)に32.2%増額し、一転して17.6%増益見通しとなった。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 連結業績予想修正の理由 当連結会計年度における当社グループの業績は、既発表予想に比べ、円安を背景に海外市場向け製品輸出が好調に推移したこと、教育ICT分野等で案件受注が増加したこと、また大手企業向けライセンス販売が堅調であったこと等が利益増に寄与し、営業利益は7億円増加、経常利益についても7億5千万円増加する見込みであります。 当期純利益につきましては、前»続く

【関連記事・情報】

日経平均