銘柄ニュース

戻る

25日の日本国債市場概況:債券先物は153円11銭で終了


<円債市場>
長期国債先物2019年6月限
寄付153円19銭 高値153円21銭 安値153円11銭 引け153円11銭
売買高総計23698枚

2年 398回 -0.185%
5年 138回 -0.200%
10年 353回 -0.090%
20年 167回 0.325%

債券先物6月限は、153円19銭で取引を開始。世界的な景気減速懸念の再燃により買いが先行し、153円21銭まで上げた。その後、日銀が実施した国債買い入れオペで10年超以上の期間で応札倍率が上昇したことをきっかけに、利益確定とみられる売りが優勢になり、153円18銭から153円11銭まで下げた。現物債の取引では、全年限が買われた。

<米国債概況>
2年債は2.33%、10年債は2.46%、30年債は2.91%近辺で推移。
債券利回りは上昇。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.01%、英国債は1.03%、オーストラリア10年債は1.78%、NZ10年債は1.89%。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・19:00 ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁講演(経済見通し、ロンドン)
・21:30 米・2月シカゴ連銀全米活動指数(予想:-0.38、1月:-0.43)
・23:30 米・3月ダラス連銀製造業活動指数(予想:9.0、2月:13.1)

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均