銘柄ニュース

戻る

東京為替:ドル・円は小じっかり、米長期金利下げ渋り


 20日午後の東京市場でドル・円は小じっかりとなり、110円80銭台で推移している。米10年債利回りは正午を挟んで低下したが、その後2.64%台を回復しドル売りは後退。一方で、日本株高は続くものの、欧米株式先物は軟調地合いで円売りは抑制されているようだ。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円55銭から110円93銭。ユーロ・円は124円36銭から125円94銭、ユーロ・ドルは1.1336ドルから1.1356ドルで推移。

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均